一時と永久抹消の違い

それぞれの違いは、書類上は「クルマの再登録に必要な抹消登録証明書の発行がない」という点です。つまり、永久抹消登録を行うということは、自動者がリサイクル法などの該当する法律下において、自動車を解体し、二度と再使用を行わないという前提のもと行う手続きになるというわけです。

ですから、中古車としての転売はもちろん、公道を走るといったことも出来ないわけでして、運行を目的として自動車としての利用は二度と出来ないという具合になります。ただし、倉庫や物置、記念に自分の私有地内であれば保有することは可能で、運輸支局から輸出抹消仮登録証明書の発行を受ければ、外国へ輸出も出来ます。

自動車廃車手続きを行う理由としては、経済的な理由をはじめ物理的な理由、精神的な理由などさまざまですが、二度と日本の公道を走らせないという前提でクルマの廃車手続きは行われるというのは同じです。

一方、一時抹消登録を行う理由では、オークション・転売や所有権移転、出張や転勤のため長期にわたって使用しないなど、一旦使用を中止するあるいは、税金の支払いを中止するといったことなどが前提として行われています。もし、あなたが永久か一時か、どちらを選ぶか迷っているときは、今後のクルマの利用について考えてみるといいでしょう。