軽自動車の手続き

軽自動車の廃車手続きには3種類あります。

まずひとつは「自動車検査証返納届」になります。こちらは「一時使用中止」とも呼ばれています。軽自動車検査協会へ車のナンバーを返納し、そのクルマを一時的に使用出来ない状態にする手続きです。また、この場合では自動車を解体する必要がなく、その後、検査(車検)に合格することが出来れば、いつでも乗れる状態へ復帰(新規登録)させることが出来る仕組みです。ただし車検の有効期間がある車両を一時抹消した場合には、残りの車検期間は切り捨てになります。普通車で言う「一時抹消」に該当します。

そして「解体返納」です。クルマを解体処理(スクラップ)し、ナンバープレートを返納する手続きのことを言います。普通車でいう「永久抹消」に該当するものになります。

最後が「解体届出」です。これは、一時使用中止(自動車検査証返納)にしていたクルマを、解体処理(スクラップ)した場合に行う手続きのことになります。既に解体返納した場合には、必要のないものです。

万が一、何がなんだかわからなくなるかもれません。そんなときは、クルマを解体(スクラップ)してしまう場合には「解体返納」、車検証の名義上だけで廃車しておき、車は保管しておく場合には「自動車検査証返納届」と覚えておきましょう。

なお、「自動車検査証返納届」や「解体返納・解体届出」の手続きは、お住まいの地域を管轄する「軽自動車検査協会」にて行うことになっています。

軽は現在、家庭に1台の保有率です。一度カービューで廃車買取の一括査定をしてみてはいかがでしょう!思わぬ金額提示があるかの知れません。