普通自動車の手続き

まず、普通自動車の廃車手続きには3種類あることをお伝えしたいと思います。

ひとつは「一時抹消」になります。運輸支局や自動車検査登録事務所へクルマのナンバーを返納し、その車を一時的に使用出来ない状態にします。また、この場合は自動車を解体する必要がなく、その後、検査(車検)に合格することが出来れば、いつでも乗れる状態へ復帰(新規登録)させることが可能だというのが特徴です。車検の有効期間がある車両を一時抹消した場合には、残りの車検期間は切り捨てられます。

そして「永久抹消」です。こちらは文字通り、クルマを永久的に抹消してしまう廃車手続きのことです。原則としてその車は解体されることになりますので、車両は復帰させることが不可能です。

最後が「解体届出」になります。これは、一時抹消していた自動車を解体(スクラップ)した場合に行う手続きのことでして、既に永久抹消したクルマの場合には必要ありません。少し複雑ですが、車を解体(スクラップ)してしまう場合には「永久抹消」となり、車検証の名義上だけで廃車しておき、自動車は保管しておく場合には「一時抹消」と覚えておくとわかりやすいと思います。

それぞれのの手続きは、お住まいの地域を管轄する「運輸支局」、または「自動車検査登録事務所」にて行う仕組みです。

もし自分でやるのが面倒ならカービューの廃車買取1括査定を利用してみるのがお得ですね!